女の人

女性の大敵|PMS症状は悩んでいないで相談しよう

生理前の不調の原因

下を向く人

様々な不定愁訴が出る

生理前に起こる頭痛や腹痛、腰痛、イライラや泣きたくなる、八つ当たりしてしまうなどの心身への様々な症状をPMSと呼びます。PMSが起こりやすい人には特徴があり、物事を真面目に考えて完璧主義な頑張りすぎな人、几帳面な人や負けず嫌いの人に起こりやすいと言われています。また、お酒やコーヒー、煙草に含まれているアルコールやカフェイン、ニコチンがPMSの症状を発症しやすくするとも言われているため、これらを日ごろから摂取している人に多く症状が出ると言われています。日頃から、これらのお酒やコーヒー、煙草を控えめにしたり、日常的に運動を行ってストレス解消や血行の促進を行うことも症状の改善に効果が期待できます。冷え症は自律神経の乱れとホルモンバランスの乱れを招くことから、冷え性改善のために身体を温める食べ物を食べたり、カイロを貼る、腹巻をするなどして身体を温めるのも効果的です。

工夫次第で軽減することも

PMSは生理前になり女性ホルモンの分泌バランスが変化したことが原因で様々な症状が起こると言われています。多くの女性が経験しているPMSですが、女性ホルモンのバランスを整えるイソフラボンを含む豆乳や豆腐、油揚げなどの大豆製品を摂取したり、ストレスや疲労を解消、回復したり適度な運動やネガティブに考えすぎない、リラックスできるアロマを使ったりハーブティを飲むなどを行うことで、症状を軽減したり、症状があっても普段と変わらない日常生活を送ることができます。また、PMSに効果的なサプリメントも販売されています。サプリメントであれば簡単に摂取出来るのでお勧めです。