レディー

女性の大敵|PMS症状は悩んでいないで相談しよう

生理前の不調の原因

下を向く人

PMSを発症する原因はいくつかあります。頑張りすぎてしまう人や真面目な人やタバコやアルコールを好む人も発症しやすい傾向にあります。しかし、女性ホルモンを整える食品を摂取したり、思考を変えてリラックスすることで症状の進行を食い止めることができます。

詳細を確認する

心身の不調の原因とは

サプリメント

多くの女性は一度は体験したことがある月経前の様々な症状のことを「PMS」と言います。月経前症候群とも呼ばれるもので、一人ひとりあらわれる症状は異なります。辛い場合には医療機関に相談するようにしましょう。

詳細を確認する

生理前の不定愁訴の原因

頭を押さえる女性

PMSは、女性ホルモンの分泌が大きく関係しています。女性ホルモンのバランスが崩れることによって、自律神経が乱れるのです。自律神経が乱れるとイライラなどの症状が出てきます。女性ホルモンのバランスを整えるハーブティーを飲んだりして対処しましょう。

詳細を確認する

女性特有の状態

男性

どのような状態になるのか

女性ならほとんどの人が経験するのが生理であります。その生理についてですが、生理前には体に様々な症状が起こります。この症状のことを月経前症候群といって、PMS症状といいます。このPMSは、生理の2週間前から起こります。原因は主に女性ホルモンのバランスの乱れと言われています。女性ホルモンが乱れるとイライラしたり、怒りっぽくなったり、涙もろくなったりといった精神的に不安定な状態になります。また、精神的な面だけではなく、身体的にも疲れやすくなったり、寝不足になったりといったことが起こります。そのため非常に辛く、PMSがひどい方は寝込んだり、仕事を休む人もいます。では、どのように対策すれば良いのでしょうか。

対策方法

PMSの症状の対策法として重要なのは、生活習慣と食生活です。まず、生理2週間前になったら、できるだけ夜更かしをしないようにして、睡眠時間をたくさん取ることが良いとされます。それから、お風呂などに長く使って神経をリラックスさせることも大切になります。また、食生活に関しては、大豆製品などのイソフラボンが多く含まれる食品を摂取することや、カフェインやアルコールといった刺激の強いものは避けることが重要です。また、ジャンクフードなども体によくないので取りすぎないことが良いでしょう。これらに注意して生活を送ることが良いとされます。また、PMSの症状が強い方は婦人科などに行きお薬を処方してもらうこともおすすめです。婦人科でも、栄養指導を受ける事ができます。婦人科の医師がおすすめしているサプリメントなどもあるのでチェックしましょう。