人を助けたい仕事なら介護の求人がオススメ

食事

色んな方法で探そう

一般的な方法は求人サイトで探す方法でしょう。求人サイトであれば好きな時に求人を探せますし、条件を設定して探せますので理想としている職場を見つける可能性が高いです。

手

目的を明確にする

「給料が高いか」「休日が多いか」などはっきりとした基準をもって探しましょう。何となく介護の求人を見ていたらいつまで経っても次のステップへ進めません。またいくつかの基準を持っていたら優先順位をつけたほうがよいと思います。

食事

どの雇用形態で働くか決めよう

介護福祉士の求人の雇用形態は様々です。「アルバイト」「パート」「正社員」「契約社員」といった雇用形態があります。青森には様々な介護の求人がありますので、自身のライフスタイルに合った雇用形態を選ぶようにしましょう。

介護福祉士に向いている人

女性と老人
no.1

人と接するのが苦じゃない

1番向いていると言えるでしょう。介護福祉士は人と接するのが仕事です。そのためストレスを溜め込むことなく、人と上手にコミュニケーションをとれる方は向いているでしょう。

no.2

精神的にタフ

介護される人からイライラをぶつけられることがよくあります。メンタルが弱い人は途中で挫折しやすいです。メンタルが強い人はうまく自分の感情をコントロールできますので、長続きします。

no.3

体力に自信がある

入浴する際の介助をしたり、ベッド上での姿勢を変えたりなど肉体労働が多いです。体力がある人は勤務時間の最後まで息が上がらずに業務ができます。

no.4

冷静沈着

介護される人は日々不安を抱えて生きています。感情のままにアドバイスするのではなく、冷静になってアドバイスしたほうがより相手の気持ちに寄り添えることができるのです。

no.5

どんな変化も見逃さない

先述の通り、介護される人は大きな不安を抱えながら生きています。また体調の変化も起きやすいです。そのため、ちょっとした変化に気づかないと命の危険さえあります。ほんの些細な変化にもいち早く気づくことができる人は、介護福祉士とやっていけるでしょう。

面接を攻略しよう

介護の求人に応募したら、必ず面接をしないといけません。面接を突破するためには入念な準備が必要です。無事採用されるためにも面接の練習をしましょう。なお、面接官が面接時に見ているポイントは4つあります。

面接官がチェックするポイント

老人

挨拶がきちんとできているか

社会人としての基本的なマナーです。ここを疎かにしているようでは採用される可能性は一気に低くなります。入退室のときは元気よく挨拶しましょう。

コミュニケーションは問題ないか

介護福祉士は色んなタイプの人と接しますので、コミュニケーション能力については重要視されます。面接官から聞かれたことに対して、分かりやすく丁寧な言葉使いで話しましょう。

志望動機はしっかりしているか

面接では一番重要視されていると言っても過言ではありません。「なぜここの会社を選んだのか」「なぜ介護のお仕事を選んだのか」などをきちんと伝えましょう。

見た目も見られている

見た目が不潔だと大きなマイナスポイントです。髪を整えるなど清潔感ある身だしなみをするよう心がけましょう。

広告募集中